ワンタイムプランニング

コンサルティングをテスト的に限定で受付してます。
STORES 予約 から予約する

【ThePlanning 音声付】最悪な状況での思考プランニングの仕方。「ネガティブ最高論」

さすがにへこみました。

へこみ・・つまり、悪いことが起きてついてないなーっと思う時。

基本的には運は平等だと思ってます。
運は平等だけど、それでも勝つ人とへこんで落ちる人といる。

その理由は風なのかなと。

実はプランニングでは、「ネガティブ」が最高という話があります。

ポジティブに生きよう!がプランニング的にはダメな理由。

ポジティブ ポジティブっということはSNSや一般的にはいいことかもしれない。
でも、ポジティブということは、「今はポジティブじゃない」の証明なのかなと。

つまり、「〇〇になりたい」ということは「〇〇がない」という証明で、
「〇〇がある」状態においては「〇〇が欲しい」とはならないわけです。

だから、ポジティブに生きよう・・っと言い聞かせる人は、
本当は「ポジティブじゃない部分を持っていることを認識している」

っということになるのかなと。

プランニングにおいては、ポジティブよりネガティブを優先されます。

なぜ最強の恐竜は絶滅したのか?

恐竜は最強といわれていたのにもかかわらず、絶滅しました。
逆に弱小動物は生きて進化した。

この進化こそが、生きる発展ではないかなと。

つまり、弱小動物たちは常に絶滅や命の危険があったわけです。
その中で生きるために必要なことで進化した。

穴を掘るようになったり、強固なつめや、牙、甲羅を持ったり。

つまり、マイナスがあるからその反のプラスの思考が生まれる。

この視点は一番勉強になり、今も時折考えます。
マイナスがあるからプラスへの進化が生まれる。

事業や企業も進化が必要なのかなと。

事業でも失敗するときはあります。
僕の場合は事業プランがうまくいっても、多くの場合が人為的トラブル。

問題の根底は「人」です。
そこには僕自身の見る目や性格などいろいろな問題があるでしょう。

マイナスでいえば「人付き合い」「人を見る目」といったネガティブなものがあるかもしれない。

しかし、ここでの対策方法としては、
「人付き合いを良くする方法を考える」
「人の見方を学ぶ」

っといった方法以外に、
「人がかかわらない、または少数でできるようにする」

っといった解決方法ができるかもしれない。

進化。

事業においても必ず進化が必要で、むしろ淘汰されないようにするためには、進化が必要。
この進化を「そのように進化するのがいいのか?」っというのがプランナーの仕事。

また、コンプレックスがあれば、コンプレックスが最大のUSPかもしれない。

そう考えると、いやなことやへこむことがあっても、それ以上のレバレッジがかかり、進化する。
そう思うわけです。

企業においての進化とは?
事業においての進化とは?

個人も企業も波は必ずある。

進化続ける企業や個人。

これが生きていくために必要な「ネガティブ」ではないかなと思います。

今回、立て続けにトラブルがあり、さすがにちょい久々にへこんだけど、

最悪だ!とおもっても、またいつの日か最悪だ!って日が来ます
最高だ!とおもっても、またいつの日か最高だ!って日が来ます

つまり、最高も最低も上には上がある。

逆にこの苦境を乗り越えてしまえば、最悪の上限は広がるわけで、
「苦を苦と感じない人」という最強になるかもしれない。

「若いうちは苦労を買ってでもしろ」

っと昔の人は言いますが、まさにだなと。

僕は買ってまではいらないですが、仏教の中には「一切皆苦」という言葉があります。
漢字だけを見れば、「すべてが苦しい」ですが、苦しいを当たり前に思うと、普段の当たり前に価値を感じる。

僕の場合、仏教系プランナーだといってますが、プロデュースもプランニングもこの視点。

「当たり前」ということが、特別で、
「特別だ」ということが、実は特別じゃない。

でも、多くの人が、「特別」を売りにしようとする。

「特別」と感じることは無理をしているに近く、力が入るわけです。
だから特別に感じる。

逆に、「当たり前」と感じることは、力が入らず「ナチュラル」だから当たり前に感じる。

この当たり前が、時間軸や環境、場所 他者(ターゲット)から見て「当たり前」じゃない場合が多く、
これが、あなたの強みであり、勝てる市場なのかなと。

「最悪で最高のクリスマスプレゼント」

そんなことをフェイスブックで書きましたが、
僕はこの「最高のクリスマスプレゼント」で新しい視点を見つけることができました。

でも、不幸や最悪を求めているわけではなく、「今ある環境が最高」であり、「最低」の原因がわかるから「進化」ができる。

そういうプランナー的視点です。
ぜひやってみてください。

 

【音声】

https://kanazawayuuki.com/jyi9