ワンタイムプランニング

コンサルティングをテスト的に限定で受付してます。
STORES 予約 から予約する

出版業界の闇。素人が出版するには?

以前から話している、出版。
急遽募集を開始しました。

僕自信は出版してません。
出版の話や出版社の紹介などはいただきましたが・・

ただ出版のプロモーションはやりました。

っで実際の出版の状況を聞くと、、
かなり想像と違う。

正直、素人からは難しいの現実。

ただ、出版をすれば、権威性も出る。
何がいいかといえば、アマゾンで自分の本が並ぶということ。

調べたらでるわけで、それが信用・・つまりブランドになる。

では、電子書籍でいいか?といえば、電子書籍の多くは、出版として認められる、
ISBNコードといういわゆる、出版コードがない。

出版コードを売っているところもある。
書物として認められるには、この出版コードが必要なわけ。

もっと言えば、
電子書籍は、売上や集客といった面では有効かもしれないが、ブランディングとなると、
逆に出版しないほうが良いっという人もいるぐらい。

つまり、選ばれた特別感。っというのが必要。
これが大切。

自費出版だったら・・そもそも流通しないし、数百万単位と高額。

それらを見ると、出版というものは安易ではない。

これを何とか身近にして、そして、手軽にリスクを少なくできる方法はないか?
っと考えてできたのが、今回のプロジェクト。

ローリスク。
そして印刷された出版物
著者としての権威性

全てを取った、第三の出版方法。

インディーズというところでしょうか?
そしてこのサービスは、大手出版社と提携です。

一般的に大手出版社というと、昔からある、

角川書店
小学館
集英社
学研
講談社

そこからビジネス書に強い出版会社などがでてきたり。
どことは言えないですが、この大手5社のどれかと提携しています。

販売は、このアカウントから販売されます。

どういうことかというと、、、

出版は簡単になったが、ただ出すのではなく、
出版社が必ず目を通すということ。

つまり、商業出版への近道になる。

今まで、出版講座とかいろいろやっている人はいたが、
実際に出版ができるのはごく一部。

出版プロデューサーに売り込んでもらって企画書を作るしかなかった。
どれも、コストもハードルも高い。

そもそも見てもらえない。

ところが、今回は、ダイレクトに持っていくことができる。
先方担当者にも確認してみてもらうようにと。

ただ、立ち上げということでまだ著者が少ない。
今回、限定で出版したい方を募集することにしました。

詳細はこちらに。

興味があればすぐご覧ください。
いい本が生まれたらいいね。