ワンタイムプランニング

コンサルティングをテスト的に限定で受付してます。
STORES 予約 から予約する

【ThePlanning】アイデアを作る方法。未経験をなくすことがアイデア誕生の秘訣。

初ネイルしました。
実はネイルケアはやったことがあるし、専用のネイルケア機も持ってます。

爪って綺麗な方がいい。
爪が黒いとか爪垢あるなんて不潔やし、それに指先が一番歳をとるし、一番目にとまる。

男性ではまだ少ないかなと。

今回、初めて本格ネイルをしてもらいました。
テストで一本だけあとは、ジェルのみ。

やってみて思ったのは、ネイル、ネイルの業界ってまだまだ市場はあるし、何より職人技だなって。
ビジネスモデル的にも事業プラン的にも、まだまだ市場はあると思う

なぜそんなにアイデアが浮かぶのですか?

よくそんな質問をされる。
なんでやろう‥と思ったら、絶対的な経験値なのかもしれない。

経験値とは未経験を減らすこと。

「経験がない」「経験するきっかけがない」

そんなことをいう人もいるけど、未経験は身の回りにたくさんある。

運転や料理や音楽、サイト作成にセミナー司会に講演、ボランティアにゴミ拾い。
家庭菜園など庭いじり。

未経験は山ほどある。

経験で無駄ななものはなく、あらゆるものに興味をもって経験することが大事。

だから僕は「未経験」をなくそうと常に考える。
年齢や環境によってはどうしてもできないこともある。
だから、今できる未経験を探す。

体験というデータフォルダを構築

体験から得た情報はデータフォルダとして脳に残る。

その「データフォルダ」の引き出しの数が、材料となり、イノベーション、創造物が生まれる。

「商品を売る場合はまずは売り場に行く。」

化粧品や女性用品を販売する場合、僕は必ず、その売り場に行くし、雑誌も買う。
そのターゲットの曲も聞く。

全く興味がなくても。

百貨店の一階にある化粧品売り場に行き、化粧品も見るし、何気なく会話も聞く。
百貨店の化粧品売り場は、体験の宝庫。

化粧品をスタッフさんがお客さんに施していく。
そして購入を促す。

化粧品一つとっても、体験してみると、目的が変わる。

コンプレックスを隠したい人。
憧れの人に近づきたい人。
他よりもよく見られたい人
いつまでも若くいたい人

などなど。

経験しなければ、その気持ちがわからず、ただ綺麗になりたい。と思うだけかもしれない。
また、未経験なのに勝手な思い込み・・「概念」もある。

ネイルの価値がわからなかった過去。

例えば、このネイル。
ネイルってただ塗ってるだけだと思った。

絵を書いたり、石をつけたり。
それに数万円の費用を払う。

月一回、通っている人がいて、ただの癒しだと思った。
毎月数万円。

自分でやればいいのにって・・。

でも、体験して思ったのは、ネイルは職人技で造作物。

ジェルを盛りつけて、つめの形に合わせて厚さも変わる。
自然に綺麗な爪を作る。

フィギュアやプラモデルなど作らせたらうまそうな感じで、とても繊細で細かい作業。
さらに、センスも必要。

アートであり、技術職であり、癒しでもあるなって。
時間も2時間、3時間かかるときもあるらしく。

そう考えれば当然の価格。

そう考えるといろいろアイデアが浮かぶ。

例えば、ネイルをするときにリューターを使ってた。
ネイリストにリューターといっても伝わらず、ネイルマシーンやグラインダーとかいうらしい。

僕の場合、昔シルバーアクセサリーの販売の手伝いをした。
路上で販売している人がいて、その方はサービスとして、リングに名前を入れてくれる。

わずか3ミリにも満たない細いリングの裏に名前を入れる。

それを見て僕は教えてほしいといって、そこに通って家でやるのに、リューターも買って、
アクセサリーの転売をやってた。

 

っということは、

「リューター」という加工機材が、
「美容業界」で名前が変わって市場が拡大したとも言える。

つまり、アクセサリーとネイルには共通する部分が多くあり、アクセサリー市場であるけど、ネイル市場ではまだないことがあるといえ、
そのまだやっていないことは、比較的当たる可能性もある。ともいえる。

そこから分析すれば、まだ新しい市場が生まれる可能性もある。

同じものを使うのであれば、同じ悩みが生まれるはず。
悩みからニーズが生まれ、ウォンツになるわけだから、ここにヒントが生まれるというわけ。

特に僕は自分が嫌いだっと思うものほどやろうと思う。

嫌いな理由が営業の壁であり購買意欲の壁。

自分が嫌いな理由がわかり、それを超えることができるなら、
少なくとも一つはNOを消すことができる。

NOがなくなれば販売もしやすい。

僕のアイデアは自分と相手の引き出しの数からのイノベーション。

神社仏閣のお参りの仕方や、制作などの技術などすべてが経験。
もしかしたら次は、ネイリストの免許を取っているかも。。

今回の音声は、さらに経験を実践的に移すための、ポイントについて話しました。
経験する際に注意する点と、絶対にやってはいけないこと、やるべきポイントです。

音声は下記に↓

なお僕が絶対にやらないものが一つ。

特殊部隊の実弾演習もやったり、海外のスラム街も歩いたし、
いわゆる海外の不良ぽい人たちとも町で話しかけたりした。

それでも絶対にやらないこと。

スカイダイビング。

あれはやらない。高いし怖いし。
失敗したら命の危険も。

「君子危うく気に近寄らず」

——————
続きを読む場合はパスワードを入力してください。

パスワード発行はこちら。➡パスワード発行
ログインができない場合はこちら。➡HELP