ワンタイムプランニング

コンサルティングをテスト的に限定で受付してます。
STORES 予約 から予約する

【ThePlanning】真実か日常か?プランニングを知る推奨映画について。

だいぶ遅れていますが、着々と進んでいます。

ヘッド画像だけ今回載せておきます。

一般募集としては初なので、このスタートメンバーになれた方はかなり、
お得というか、人生が変わるかなと。

おそらく、僕でさえ、変わったので、僕よりもマメで動けるのであれば、確実に飛躍します。
もしかしたら、僕より大きくなり成功するのが嫌だったから伝えなかったのかもしれない。

そんなことも思いますが、今回はやるので楽しみにしていてください。

主に個人事業主向け、または少し事業をやっている方向けになると思います。
すでに事業をやっている方、会社を経営している方は不向きだと思います。

っというか、

今回、「参加者が成功しないと僕もマイナスになる」という内容なので、
事業者が参加されると、その人だけがプラスになり、僕はマイナスのままになるので、
事業者の方は、通常のプランニングサービスをご利用ください。

今日はこの企画にも関係する内容で、推奨映画について。

映画マトリックスを知っていますか?

ぜひ見てください。
これを見たとき衝撃的でした。

内容が一回ではわからず。
ただ、その内容はプランニングとよく似ています。

現実と仮想世界。
目に見えるものが仮想で、実は違っていた。

という話。

人気の映画は、過去の歴史や実話、哲学を元に作られることが多いです。

例えば、以前お話しした「鬼滅の刃」も「ワンピース」も、「進撃の巨人」もそういう要素が入っています。
なぜ人気が出るのか?

そこには、何気なく共感し、何気なくリンクする「STORY」があるから。

なぜこれが流行るのか?何を共感しているのか?

多くの方が「マーケティングだけ」を見ようとするけど、実際はそのSTORYや時代背景が重要。

今回のプロジェクトに関しては、マトリックスでした。
かなり重要な内容になっているので、興味があれば、ぜひご覧ください。

仮想現実が「作られたブランドやニュース」
現実は「仕掛けられた企て」

です。

今夜か明日には公開され、おそらく1週間ぐらいが申し込み期日になると思います。
そして、二重、三重に、仕掛けられた内容は、ほぼ確実に実績にもなる内容です。

さて今回は、先に話した映画について話をします。

進撃の巨人、ワンピース、この2点について説明します。
プランナーが見る分解です。

——————
続きを読む場合はパスワードを入力してください。

パスワード発行はこちら。➡パスワード発行
ログインができない場合はこちら。➡HELP