ワンタイムプランニング

コンサルティングをテスト的に限定で受付してます。
STORES 予約 から予約する

【ThePlanning】「売り方」ではななく、[売れる物」を作るのが大事。実践会報告

実践会はじまりました。
この実践会の内容については実際に進行形のビジネスですので公開はできませんが、
分析に必要なロジックの説明についてはの会員サイト(有料)にアップしてますのでご覧ください。

※最後に大切なお知らせがあります。

実践会は事業を作りながら学ぶ形式でやっています。
そもそも使わないことを学んでも忘れてしまうので、使う時になったら教える。

だからいつも以上に時間もかかる。
ミーティング途中でわからないことがあれば、その都度、ミーティングが講義に代わる。
そしてまたミーティングに代わる。

プロジェクトは少数で行うため、今回は4人1チームで構成しました。

っで話の中で、どうしたら売れるようになるのか?という話。

そもそも、ここで重要なのが、売り方に視点がある。

通常、どうやって売るか?顧客を増やすか?って話になるワケ。
っで問題なのが、そもそもそれが、売れる物か?というのがある。

プランナーとはコンテンツも作るわけで、売り方の戦略はもちろんだけど、そのコンテンツも作る。
つまり、商品を作っている時点で売り方が決まってくる。

では、その「売れる商品」というのはないか?という話。
商品自体はすでにあるもので、それが「どういった切り口で売れるのか?」というところが大事。

この視点があると、営業力は個々の個人差があるが、商品力は是認に共通し影響を与えることができる。

極端な話、売れない商品でも切り口を変えたら売れます。

例えば、昔、パソコンスクールをしている方がパソコンをヤフオクで売ろうとしてましたが、型落ちの為中々売れませんでした。

しかし、2台セットで説明文を変更したところ、すぐに売却。
たくさんあるパソコンをすぐに売り切れにすることができました。

また海でドリンクを売ろうとしたときも同じ。
言い方を変えただけで売れた。

でもここで言いたいのは、その商品が本当に必要で魅力が伝わっているかどうか?ということ。

その商品の切り口をどう決めるか?
それが市場です。

賢者舎ではPLC(プロダクトライフサイクル)を使って、市場動向を見て、同じ商品でも切り口や言い方を変えて売り上げを上げます。

商品が時代にマッチではなく、切り口が時代にマッチするのか?
最近、アフィリエイトチームには、優勝したのでゴルフを絡めた広告にしたら40%アップしました。

その動向というのは、こういう図から分析し、次に何が来る可能性があるかを予測します。

いやーー実に面白い。
10年かかってmまだわからず、今も進化するこのロジック。

セミナー中に書いた図ですが、参考資料としてアップしときますので参考に。

 

【実践会 基礎知識講座】

これから開催しますが、1度だけ無料で一般参加を可能にしようと思います。
開催は6/1~スタートで時間は20時からです。

IPA会員は無料参加可能です。(メールかLINEでお知らせください)
それ以外の方は1回1万円で参加できる用意しようと思いますが、
会員限定なので人数が多い場合はお断りもあります。

無料開催はどれにするか決まっていませんが、メールにてお知らせします。

平日 20:00〜 1回60分
6/1.2.3.4.7.8.9.10.11.14.15 11日間

【1 今の弱点が一目でわかる事業診断 事業の三本柱 ACCOSY】

【2 2極のキャッシュプラン理論。お金の入り口の話 WAVE AVERAGE】

【3 他力視点と事業創造 売却視点】

【4 デカルトから読み解く、コピーライティングや企画で使う本質直観】

【5 誰も言わない投資脳の秘密】

【6 三方良しの企画視点】

【7 同業者より一歩上のマネタイズ+1】

【8 事業を1度で3倍構築する3Sの視点】

【9 市場創造 ずらす視点】

【11 即金と集客の同時構築。リプローチ】

参加希望の方は各グループ、またはメールをご確認ください。