ワンタイムプランニング

コンサルティングをテスト的に限定で受付してます。
STORES 予約 から予約する

【ThePlanning】失敗から学ぶ自分のフェーズについて。

今日はこれから事業をやる人や、独立希望はあるけど、まだやっていない方、うまくいっていない方向けです。
事業をしている人は、なるほどね。って感じで読んでもらえばいいとも思います。

失敗についてです。
いろいろな局面で失敗をしています。

全ては失敗という実体験から得られたこと。
この失敗を未然に防ぐために、知識が役に立つけど、やっぱり体験にはかなわないもので。

逆に言えば、失敗といっても、個々によって状況が違うので、失敗しない場合もあるし、
本や教科書、ネットや講座で教えている人たちは失敗していなかったけど、自分は失敗することもある。

いろいろ考えた結果、誰も言わないことがあることに気づきました。

それは、フェーズという差別です。

フェーズというとレベルです。

いきなり大きいことはできないが、いきなり大きいことをしようとしてしまう。
でも、そのフェーズ(レベル)でなければできないわけです。

最近、僕はサックスを練習していますが、おかげでみるみる成長しています。
本当はいち早く、かっこよくジャズを吹きたいがふけるわけもなく。

ルパン三世やコナン君を吹いて練習しています。
しかし今は、X Japanの Forever Loveや、メリージェーンなども吹けるようになりました。

つまり、フェーズがあがったということ。

今、自分がどのフェーズなのか?
こういってレベル分けという差別をすると、「自分はできるから」っという人が必ずいるけど、
では逆に僕がいきなり、「ジャズ吹かせろ」といっていたら吹けるようになるだろうか?

確実に、ほかの曲は吹けないでしょう。

事業をするにもフェーズというものがある。

昔の言葉でいえば、「身分相応」や「身丈に合ったもの」という言葉が類似語かもしれない。

僕はこのフェーズ意識がなかった。
悔しいし、出来ると思った。

それが僕の遠回りであり、我。

低くていいんです。
あげればいいんです。

でも、

出来たからといって、そこで胡坐を書いてはいけない。
自分のフェーズについて意識する方法を今回は音声にしました。

このフェーズ意識をすることにより、必然と講座なども変えなければいけないなと。
今まで、出来ると思い、事業や会社を任せていたけど、失敗する人、しない人の違いは、このフェーズの差。

いきなり1ができないのに8ができるわけもなく。
これが最大の失敗です。

大切なのは肯定感を下げるわけでもなく、かといってあげすぎて過信するわけでもなく、
認知することなかなと思います。

今日の音声は「自分のフェーズの取り扱いについて」です。

※かなり差別的な話になっていますのでご注意ください。

——————
続きを読む場合はパスワードを入力してください。

パスワード発行はこちら。➡パスワード発行
ログインができない場合はこちら。➡HELP