ワンタイムプランニング

コンサルティングをテスト的に限定で受付してます。
STORES 予約 から予約する

【ThePlanning】心理を使った誘導文章術 

プランの話をしていると、外せないのがライティング。
ライティングとはそもそも何なのか?という話が先ですが、そんな基本を知っても退屈なので、
飛ばします。

・・が、結果的に基本に戻ると思いますが。
また基本だと思ったら、基本の中にまた基本のベースがあったりと。

実に奥が深いです。
ちなみにライティングに必要なのは国語の成績とかレベル、得意不得意は関係ないです。

また、ライティングについてやっていくと、ライティングの中、
もっと言えば、セールスライティングの中でも、複数にカテゴライズされます。

一般的にコピーライティングといって説明している人が多いけど、
SNSやレポートなど資料向けPDF、LPなどのライティング、
ブログ、あとプランニングでいえば、事業提案や企画書などのライティング

全部書き方が違います。

ただどれも共通する部分があるので、用途に合った使い方が必要。

わかりやすく言えば、野球が上手いといってもピッチャーもバッターもあり、
プロになるためには、全部が平均以上で、その中で長けているものがポジションになると思います。

イチローだって、外野手ですが、4番打者にもなるし、ピッチャーにもなるのと同じ。
基礎は、同じ。

さて前回、反応というか読まれる方が多かったので、追記です。

同じことでも言い方を変えたら変わる、人間の心理について。

僕は学校で心理学の授業がありました。
心理学と哲学が基礎になります。

こういうと難しく考えそうだけど、結果としては”人の心の癖を読む”ということ。

ここの性格もありますが、大体あっているのでこれを使います。
今回は、得ると失うの気持ちの差を文章で表します。

あなたの亡くなった大切な人を思い出してください。

大切な人が亡くなった体験はあると思います。
あの悲しい葬式。瞬間。

でも、不思議なことに、葬儀の記憶って残っている人は少ないんです。
楽しい思い出や、会話をした思い出。または生前、怒られたりしたときの思い出。

良い思い出として残ってます。

本当は葬儀が一番悲しい時かもしれないのに、忘れているんです。
忙しかったせいもあるかもしれない。

これは神が私たちに与えた最大のプレゼント「忘れる」ということだと思ってます。

このように人間の感情というのは、衝撃的なことが必ずしも残るわけではない。
文章でもたくみにこの方法を言い回しで変えます

実際に、同じ商品、同じサイトで文言を変えただけで売上が上がることがあります。
今回はその方法について説明します。

 

このライティング心理というのは、嘘を言うのではなく、事実を言い換えることにあります。
嘘はいけません。

例えば、

——————
続きを読む場合はパスワードを入力してください。

パスワード発行はこちら。➡パスワード発行
ログインができない場合はこちら。➡HELP