ワンタイムプランニング

コンサルティングをテスト的に限定で受付してます。
STORES 予約 から予約する

【ThePlanning】洗脳される文章とは?

久々です。

実践会では、商品無しで売上を先にあげるリプローチを実践させ、成功して、
また、他からはメディア取材や売り上げが数百万円上がったとか・・
また、別のコンサルタントの方数名からは仕事のオファーや相談があったり。

っとまぁ~SNSではサバゲーやサックスばかりやってそうですが、やってます。
ただ、そろそろ、また動こうかなと。

サックスもサバゲーも、お気づきかもしれないが「企て」・・
つまり「ある目的」があるんですが、またゆくゆくに。

さて、実際にやっていて相談を受けるのがライティングについて。

30分で95%が反応率300倍にしたライティング講座

という、ある意味、主催者も驚きの伝説の講座をやりました。
何が伝説かというと、2時間のうち7割は余談しか話していない。

最後の重要な部分を話しただけ。
これで95%が反応率300%にしました。

余談と思っていることも、実は余談ではなく重要な内容なわけですが、
この余談からすでに講義が始まっている。

反響もよかったのですが、飽きてやめてしまいました。
余りにも奥が深すぎて。

文章というのは、今これを読んでいるあなたのように、
僕がそこにいないけど、話しかけています。

これが文章ですよね。

この文章は当然24時間メッセージを送ることができる。

つまり、今僕は昼の12:41に書いていますが、
あなたはもしかしたら夕方かもしれないし、夜中かもしれない。

いつでもそこに「金澤雄樹」がいるわけです。

この意味わかります?

いつでも話しかけれるわけです。
密接に。

この文章というのはプランニング視点でも最も大事であり、
僕にとっては、最も勉強したもの。

もし何か一つ手に入れるとしたら、お金でもなく、マーケティングでも営業力でもなく、
コピーライティングの力を手に入れようとすると思います。

最近話していて、このコピーライティングへの重要性を忘れているか、
気づいていない方が多いような気がしたので、
僕の大好きであり、得意なライティングについて少し話そうと思います。

ライティングはかなり奥が深いので、一概には伝えれないですが、
もっとも簡単な10の切り口について公開します。

ぜひ続きを読んでみてください。

人間が動く10のポイントについて・・

——————
続きを読む場合はパスワードを入力してください。

パスワード発行はこちら。➡パスワード発行
ログインができない場合はこちら。➡HELP