ワンタイムプランニング

コンサルティングをテスト的に限定で受付してます。
STORES 予約 から予約する

【ThePlanning】潜在能力300%活性 自己流よりプロデュースをされた方がいい理由

今回、ちょっと画像を変えてみました。
音声だということがわかりやすいので、しばらくは使ってみようかなと。
視覚からイメージのアプローチです。

さて、今回、プロデュースをしてみました。
今、出版のリボンパブリッシングの方で、プロデュースをする人を増やしたい。っということになり、
プロデュースをロジック化するにはどうしたらいいのか?

という課題に。

じゃーそもそもプロデュースってなんやの?
どうなの?

っと。

思えば、プロデュースデビューは僕の場合、ナイトワークの業界でした。
ホストクラブやキャバクラなどナイトワーク。

その時に店の仕事は何かわかるか?といわれ、

「普通の男を、お金がもらえる商品にする。これが店側の仕事だ」

と。

髪型や服装など、良さを引き出し、商品にする。
一般的なら、男性が女性にお金を払うのが当然かもしれない。

しかし、逆に払うという壁を超えるためのプロデュース。
これが最初。

よく考えたら、プランナーもプロデュースかもしれない。
ある者の良さを見つけ、最大限に引き出すわけやし。

今回、リボンパブリッシングの野崎さんをヒアリングし、
その、プロデュースされた側の気持ちを箇条書きで書いてもらったので、転載します。

 

 

受けた感想

依頼

・この人にプロデュースされたい
・自身がわかっていない魅力を引き出してくれそう
・任せて安心
・どこにニーズがあるのかわかる
・どんな表現・売り方があるのか

企画案

・自分をことばに表すとこうなるのか
・自分が当たり前だと思っていたことが大きくなっている
・読む人は誰なのか
・いろんなことを書きたいと思ったけどまとまった
・自分の人生観が一冊になっている
・気づかないことがいっぱい
・過去に光が当たる
・過去の点と今の点で未来が見える 新しい点
・夢が叶う
・思ってきたことがカタチになる
・「売りたい」より「読んで欲しい」気持ち
・これからの期待 (熱量最高かもしれない)
・書いてみたい
・市場と自分の重なる点
・経験は財産 書き方で価値も上がるし下がる
経営者のためのヒアリングを書いてみた感想
「創業者」と「後継者」ふたつの気持ちがわかった
自分のために稼ぐだけだったら普通に独立し起業で良いと思う
でも、ずっとこの先何年も自分の生きた証や、DNA(魂)を残していきたいと思ったら
世の中に、50年先100年先でも「あって良かった」と思える仕事でないといけない
そのためには、ひとりでも多くの人を幸せにできるものをつくりたいと思った
自分が残したい人は誰か、残したかった人は誰だったかはじめて継がせたい気持ちがわかった

 

今日の音声は、プロデュースされた方がいい!という理由について。
プロデュースをされれば潜在能力300%活性しそうな感じです。

僕もプロデュースしてもらいたい。
どんな新しい自分がうまれるんやろ。

でもプロデュースされる側も受ける気持ちが大事ね

音声は↓↓

——————
続きを読む場合はパスワードを入力してください。

パスワード発行はこちら。➡パスワード発行
ログインができない場合はこちら。➡HELP