ワンタイムプランニング

コンサルティングをテスト的に限定で受付してます。
STORES 予約 から予約する

言い訳の話です。正しい言い訳の作り方。

 

また間が空きました。
最近、ライブや社内の話が濃すぎて、話しつかれてます。
っで言い訳について話しましたが、言い訳って大事です。

そして言い訳を作ることが購買意欲を掻き立てるポイント。

プランニングとは、ものつくりで言い訳作りかもしれない。

言い訳という新規創造かもしれない。

「~だから~が必要」

そう思わせて買わせる。

車のCMなどでよく、キャンプに行くシーンやサーフィンに行くシーンなどイメージがありますが、
実際あれをみて、「キャンプに行くのに便利だよね」っと思って購入しても、何人がキャンプに行くだろうか?

この本は勉強に必要だ。

っといっても何人がそれを活用しているだろうか?

痩せるためにかったダイエットサプリに機械。
気づけば消費期限が切れたり、新しいものを買ったり、古い言い方をすれば、「たんすの肥やし」・・
今風なら「クローゼットの不用品」でしょうか?

なっていませんか?

そう、買った時点で購買欲は消化する。
だから、ただし言い訳が必要。

でも、コロナ禍の今、それも難しく、言い訳作りは職人技です。
煽りも、贅沢も売れない。

本当にいいものしか、本当に自分に合ったものしか購入しない。

今回は言い訳と、ちょっといろいろ話しました。
さらっと聞き流してみてください。

そして、特に聞いてほしい方は、

・これから何かを始める人
・すでに始めているが今、苦しくなっている人
・事業プランニングに興味がある人

このどれかに一つでも当てはまったら聞いてください。

では音声で。

【追伸】

賢者舎メンバーで始まった新事業 ミニマム出版社リボンパブリッシング。
大手出版社との提携、電子書籍ではない低コストで紙の出版。
手軽に伝えれる環境としてできるようにと構築したリボンパブリッシングから僕の本が出ました。
これから何かを始める人や、今、危機的な人にはお勧めです。

音声は下記から。

——————
続きを読む場合はパスワードを入力してください。

パスワード発行はこちら。➡パスワード発行
ログインができない場合はこちら。➡HELP